概容

リザードマンはTotal War: Warhammer Ⅱで登場した種族です。

キャンペーン、マルチプレイヤー、カスタムバトルでプレイ可能です。

6人のレジェンダリーロードが登場し、6つの勢力に分かれています。

プレイ方法

リザードマンの特徴

地脈の網:布告の効果を高めるエネルギー網によって州都と州都を結ぶ。

祝福された産卵:特定の任務を達成すると、高い能力を持つブレスドユニットが利用可能になる。

ユニット:リザードマンの恐竜ユニットは非常に強力だが、制御不能になって突進する可能性がある。

背景

創世の日から、爬虫類はラストリア大陸のジャングルを支配していた。無知なる者は、その生物を「リザードマン」と呼ぶ。賢明なる者は、彼らが世界を守ったことを知っている。遥か昔、旧き者には計画があった。だが星の門は崩落し、旧き者は立ち去った。そしてデーモンがこの世界に溢れた。スランによって統率されたリザードマンは、攻め寄せるデーモンとラストリアで戦った。その時、エルフが〈大渦動〉を造り上げた。混沌の領域から魔力を吸い込み、デーモンの眷族を萎れさせる巨大な渦。世界は救われた。しかし大渦が持ち堪えられたのは、〈大いなる結界〉を流れるスランの力によって強化されたからだ。もし結界が失われれば、デーモンは再び現れるだろう。

ソテクの舌があのような低空を流れるとは。スランはこれを感じておられたのだ。何という輝きだ…くっきりと見えるぞ。この動きが魔力の風を撹乱している。見ろ、タル=グラシュ。聖なる刻字板だ。一つの予言は、他の全ての上に輝く…温血種族の大渦か。だが完全な解読には至らなかった。我らの主が目覚めなければ、太陽の都市に赴くしかあるまい。

座視すれば〈大いなる結界〉は消失する。これ以上時間を費消してはならぬ!散逸した刻字板を求めよ。失われた秘密を発見し、旧き者の真の目的を明らかにせよ!

戦闘

ユニット一覧

リザードマンは戦闘に特化したサウルスユニット、素早さに特化したスキンクユニット、巨獣歩兵のクロキシゴル、魔法が使えるスラン、様々な恐竜ユニットで構成されています。

リザードマンの魔法:高位体系、炎体系、光体系、天空体系、獣体系を使用することができます。

ロード・クロアクは彼専用の魔法を使用できます。人数の多い歩兵ユニットに対して超強力な魔法を連射出来ます。

祝福された産卵:キャンペーン限定で通常のユニットより強化された「ブレスド・○○(ユニット名)」を使用可能です。特定のミッションの達成により一定数のブレスドユニットを確保することができます。なお、スピリット・オブ・ジャングル勢力は独自のリソースを消費して確保することができます。

原始の本能:多くのリザードマンのユニットは一定のダメージを受けると、狂乱化し戦闘で攻撃よりのボーナスを得ます。代わりにこちらの操作を受け付けなくなり、附近のユニットを積極的に攻撃します。

冷血:全てのリザードマンのキャラクターは冷血のスキルを所有しています。このスキルを使用することで、味方の狂乱化を止めることができます。

キャンペーン

リザードマンは、非ホードの種族で、入植地を占領して地方を支配しています。

スピリット・オブ・ジャングル勢力はホード勢力です。占領した拠点を従属勢力に渡す独自の方法で領地管理します。

レジェンドロードの選択
リザードマンは、キャンペーンを開始する際に以下のレジェンダリーロードの中から選ぶことができます。キャンペーン中のボーナスについては、レジェンダリーロードのページを参照してください。

ロード マズダムンディ
クロク=ガル
テーンアウィン (DLC)
ティクタクトー (FLC)
”彷徨者” ナカイ (DLC)
ゴル=ロク (FLC)
オスヨトル(DLC)

勢力
エショアトル:ロード マズダムンディが率いる
ラスト・ディフェンダー:クロク=ガルが率いる
ソテク教団:テーンアウィンが率いる
トラカ:ティクタクトーが率いる
スピリット・オブ・ジャングル:”彷徨者” ナカイが率いる
イツァ:ゴル=ロクが率いる
ゴースト・オブ・パワシュ:オスヨトルが率いる

大渦動の儀式:「《大渦動》の目」では、リザードマンは儀式を使用して大渦動を支配するために競い合います。スピリット・オブ・ジャングル勢力は独自のキャンペーンを行います。

地脈の網:布告の効果を高めるエネルギー網によって州都と州都を結びます。州都で特定の建造物を建てることで布令の効果を強化できます。

儀式:リザードマンは4つの異なる儀式を使用することができます。儀式の内容は各勢力ページを参照してください。

建物
リザードマンの建物(今後追加予定)

技術情報
リザードマンの技術(今後追加予定)

インベントリ
リザードマンのアイテム紹介(今後追加予定)
リザードマンのフォロワー(今後追加予定)
リザードマンのバナー(今後追加予定)

態勢(リザードマンで使用可能な態勢)
なし
強行軍
待ち伏せ
宿営
魔力の導流
星読み

戦闘後の選択肢
リザードマンの勢力は、拠点を占領した場合、これらの選択が可能です。
占領
略奪と占領
破壊
殲滅

気候の好み
好適:サバンナ、砂漠、ジャングル、
不快:魔法の森、山岳、温帯、温帯の島
不適:凍土、荒野、海洋、混沌の廃土、

戦略

リザードマンは初心者におすすめの勢力です。特に戦闘で暴れたい人向けです。リザードマンは近接戦闘が非常に強く、強力な恐竜ユニットが豊富です。

サウルスウォリアー(盾)が白兵戦の主力ユニットとなり、大抵の勢力の歩兵と戦うことができます。特にブレスド・サウルスウォリアー(盾)は疲労の無視(疲労によるステータスダウンをなくす)特性を持っており、ロードのバフを付与することで大抵のを正面から殴り倒せる性能を誇ります。

維持費を無視すれば最強の軍団を作れる種族であり、エンシェントステガドンやカルノサウルスを大量にそろえることで、何も考えず突撃で大抵は何とかなります。

リザードマンの弱点は、他勢力との外交のしづらさです。同族ですら外交の要求値は非常に高く、協定を結ぶのは困難です。ただし周囲にはリザードマンの敵となる種族が多いため、彼らと戦うことで同族の有効度を上げて外交していきましょう。

初心者におすすめのキャラは、ゴル=ロクとクロク=ガルです。ゴル=ロクは開始時に「ロード クロアク」を使用でき、防衛に特化した勢力効果を持っております。クロク=ガルはサウルスユニットの維持費を半減でき、マップの隅から始められるため、非常にキャンペーンを攻略しやすい勢力です。

DLC

リザードマンの追加コンテンツがある有料DLCは以下の通りです。

The Prophet & the Warlock(テーンアウィンをはじめとする様々なユニットを追加)。
The Hunter & The Beast(”彷徨者” ナカイをはじめとする様々なユニットを追加)。
The Silence & The Fury(オスヨトルをはじめとする様々なユニットを追加)。

動画