ドワーフ

概容

ドワーフはTotal War: Warhammerで登場した種族です。
キャンペーン、マルチプレイヤー、カスタムバトルでプレイ可能です。

ドワーフは誇り高い戦士と職人の種族で、山と渓谷のはざまに、巨大な要塞都市を建造し住んでいます。
彼らは恨みを忘れることはなく、あらゆる恨みを怨恨の書に記録しています。

ドワーフの軍隊は重装甲の歩兵、強力な大砲やジャイロコプターといった軍事兵器を使用できます。

ドワーフには魔術師、騎兵、巨大モンスターといったユニットは存在しません。

プレイ方法

ユニット: 防具値の高いユニットが多く、守りに特化したユニットが多い。彼らの先進的な工学技術を利用したユニークな戦争兵器の数々を使うことができます。

大いなる怨恨の書:ドワーフは受けた恨みを忘れません。戦闘で敗北したり、反乱軍が発生したりすると怨恨の書に記録されます。
恨みを放置すると、社会秩序に悪影響を及ぼします。

地下道:ドワーフは地下道を使用して、通常では移動できない地形を通過することができます。

ルーン:ドワーフは魔法が使えない代わりに、ルーンを使用することができます。これはバーナーとしてユニットに装備したり、アビリティとして使用することができます。

鍛造:ドワーフは所有している財貨、資源、オースゴールドを消費して強力なマジックアイテムを鍛造することができます。

背景

ドワーフ(ダーウィ)は誇り高き民族で、短気で怒らせやすく、宝石や金などの貴金属をこよなく愛しています。彼らは背が低いが幅広で力強い腕とがっしりとした足を持っています。ドワーフは職人気質で、最高の腕を持つ職人であり、自らの仕事に誇りを持っている。どれだけ急かされても手抜きをすることはなく、粗悪品を仕上げることもない。いかなる種族もドワーフの持つ技術に並ぶものはいないと言われる。

ワールド・エッジ山脈を越えて遠く離れた場所にもドワーフの帝国を築き、ダーウィは何世代にもわたって繁栄してきました。しかし、そこに「髭戦争」が起こり、ハイエルフとの大規模な戦争が発生した。

これによりドワーフ帝国は壊滅的な打撃を受け、ドワーフ族は弱体化した。この後、彼らの王国は壊滅的な地震の連鎖によって地下の大部分は破壊された。その時にグリーンスキンとスケヴヴンが襲ってきた。こうしてカラズ・アンコールの黄金時代は終わりを告げた。最近では、ドワーフは過去の栄光をかろうじて守り続けており、ドワーフの手に渡った拠点はわずかに残っているだけで、残りの拠点は敵に奪われたり、風雨にさらされたりしています。

ドワーフは今もなお戦いを続けており、最終的な目標は帝国の回復にあります。彼らの好戦的な態度を見れば、そのようなことが可能なのだ。ドワーフ軍とは、ドワーフ戦士で構成された強力な軍隊であり、他の種族が恥をかくほどの驚異的な技術を駆使している。ジャイロコプターやジャイロボンバーが戦場の上空を飛び、炎と水蒸気を燃料とした大砲が死を噴出する。ドワーフはエルフや人間と同じように魔法の風を求めません。彼らにとって魔法とは目に見えるものであり、斧や石、大砲の玉などにも使えるものなのです。これがルーンであり、ルーンスミスは、魔術の道具や強力な武器を作ることに長けています。

ドワーフ族の頑強な心、優れた鎧と武器、そして比類のない戦闘機など、これらすべての要素を備えているからこそ、自分の領域を奪還し、邪魔なグリーンスキンを一匹残らず退治しようと計画しているのだ。彼の決意を疑う者はほとんどおらず、何世代にもわたって初めて、ドワーフたちは真の意味で戦いに駆り立てられたのだ。

戦闘

ユニット一覧(今後追加予定)

ドワーフの軍隊のほとんどは、強力な大砲や戦争機械、重装甲の歩兵で構成されています。ドワーフは非常に高い統御度を持っているため、滅多に指揮敗走することはありません。ロングベアードは範囲内の味方の統御度を上げるパッシブスキルを持っています。

基本的なドワーフのユニットでさえ重装甲であるため、ほとんどの種族が序盤では対処が難しい。実際、ドワーフのユニットは守りが高い傾向にある。ハイエルフと同様に、ドワーフのユニットは高価であり、量より質に頼る傾向がある。

ほとんどのドワーフのユニットは動きが非常に遅いが、空を飛ぶジャイロコプターやスレイヤーは例外である。

ドワーフは射撃ユニットが豊富で、防具値が高いため近接戦闘でも倒されるのに時間がかかります。オルガン砲などの強力な大砲も所有しているので、守りを固めながら敵に攻撃されるプレイがメインになります。

ドワーフは自らが攻撃を仕掛けるのが苦手で、機動力に欠けているためヘルストームや大砲を大量に並べられると一方的にやられることがあります。

ドワーフは魔法を使用することはできません(代わりにルーンというアビリティを持っています)、その代わりドワーフユニットは全て高い魔法抵抗を持っております。多くのドワーフユニットは対突撃防御を持っており、彼らの守りを突破するのは困難です。

スレイヤーは大型ユニットに対し非常に強く、歩兵ユニットには弱い。死の旋風により死亡時に攻撃判定があるためジャイアントやヒドラなどの強力な大型ユニットの体力を一気に減らすことができます。

キャンペーン

ドワーフは、非ホードの種族で、入植地を占領して地方を支配しています。

レジェンドロードの選択
ドワーフは、キャンペーンを開始する際に以下のレジェンダリーロードの中から選ぶことができます。キャンペーン中のボーナスについては、レジェンダリーロードのページを参照してください。

ソングリム・グラッジベアラー
“ホワイトドワーフの”グロムブリンダル (FLC)
ベレガール・アイアンハンマー (DLC)
ウングリム・アイアンフィスト

勢力
カラズ=ア=カラク:ソングリム・グラッジベアラーと”ホワイトドワーフの”グロムブリンダルが率いる。
アングルンド氏族::ベレガール・アイアンハンマーが率いる。
カラク=カドリン:ウングリム・アイアンフィストが率いる。(Total War: Warhammer IIのみ)

怨恨の書:ドワーフは恨みを忘れません、受けた恨みを復讐するための報復ミッションが発令されます。恨みは積み重なると社会秩序が悪化し、他のドワーフ勢力との外交が困難になります。

鍛造とオースゴールド:鍛造は「Total War: Warhammer II」で追加されたギミックです。これによりドワーフは資源、資金、オースゴールドを使用して強力なアイテムを制作できます。

地下道:ドワーフは地下道を使用して、地形を無視した移動を行えます。

資源:ドワーフの資源はレベルⅣまで上げることができる。

建物
ドワーフの建物(今後追加予定)

技術情報
ドワーフの技術(今後追加予定)

インベントリ
ドワーフのアイテム紹介(今後追加予定)
ドワーフのフォロワー(今後追加予定)
ドワーフのバナー(今後追加予定)

態勢(ドワーフで使用可能な態勢)
なし
強行軍
待ち伏せ
襲撃
宿営
地下道の通行

戦闘後の選択肢
ドワーフは、拠点を占領した場合、これらの選択が可能です。
占領
略奪と占領
破壊
殲滅

気候の好み
Total War: Warhammer IIに登場するドワーフの入植地の気候の好み。
好適:荒野、山岳、サバンナ
不快:凍土、温帯、砂漠
不適:魔法の森、海洋、混沌の廃土、ジャングル、温帯の島

戦略

ドワーフは初心者におすすめの種族です。カラズ=ア=カラクは開始地点の収入が高くミッションで序盤の進行を教えてくれます。

ドワーフのユニットは守りが硬く、操作も比較的に忙しくないです。

防具値の高い歩兵が多く安定して防衛ラインを維持できます。しかし一度守りを突破されると、ドワーフは反撃が困難になります。スレイヤーを大砲ユニットに重ねて配置するなどして、射撃ユニットを守る必要があります。

ドワーフの最大の弱点は戦術の柔軟性の低さ、戦術はワンパターンになりがちで、いつも同じような光景を見続けることになります。マルチプレイではドワーフに対し、大量の大砲を配置するだけで簡単にカウンターすることができます。

キャンペーンでは、マップの隅っこに大砲等を配置して守りを固めることでほぼすべての勢力に対して有利になれます。ただし地形によってはやめたほうがいい場合もあります。

マルチプレイでは問題の多い種族であり、機動力の遅さを利用して騎兵や、巨獣ユニットなどで戦列を突破したり、飛行ユニットなどで射撃ユニットを攻撃することで蹂躙することができます。特にエンパイアを使用してヘルストームを大量に並べる作戦はかなり有効です。(まれにドワーフ鉱夫を大量に先陣配置してくるプレイヤーもおり、ヘルストームが活躍できないときもありますが)ドワーフに対策できなかった場合、ドワーフの守りを突破するのは困難であり、ひたすら不快な思いをすることになります。

DLC

ドワーフの追加コンテンツがある有料DLCは以下の通りです。

The King and the Warlord(ベレガール・アイアンハンマーをはじめとする様々なユニットを追加)。

動画