概容

ダークエルフはTotal War: Warhammer Ⅱで登場した種族です。

キャンペーン、マルチプレイヤー、カスタムバトルでプレイ可能です。

5人のレジェンダリーロードが登場し、5つの勢力に分かれています。

プレイ方法

ダークエルフの特徴

ブラックアーク:自軍に新しいユニットの募兵と補充を提供し、戦闘では射程内の敵を砲撃することができる強力な海上要塞。

奴隷:社会秩序が減少するものの、州の経済にボーナスをもたらす。

殺戮の奥儀:ダークエルフはカインの寵愛を受け、戦場で多くの敵を殺害すると一時的に能力が向上する。

背景

世界は無数の殺戮を見た。 だが、一つの死は他のどれよりも際立っている。それは世界を形作った死。 アイナリオンの息子マレキスは裏切られた。エルフの公子たちは二代目の不死鳥王として彼でなくベル=シャナールを選んだ。 マレキスは画策し、彼の憎悪を一つの杯に注いだ。 ベル=シャナールは毒殺された。マレキスは彼の遺体を跨ぎ…そして王の聖なる火の中に踏み入った。しかし炎によって彼の肉は剥がれ、恐ろしい絶叫を上げて火の中から逃れ出た。 彼の焼け爛れた身体は北に運ばれ、その全身を覆う鎧が鍛えられた。 マレキスは再生した… 魔呪の王として。 そして彼の影の中で軍団が召集され、数十年の内乱が後に続いた。 戦局が不利に傾き、マレキスは最も危険な計画を企図した。彼の魔力によって〈大渦動〉を崩壊させようと考えたのだ。カレドール・ドラゴンテイマーとエルフの魔術師によって創られた〈大渦動〉は魔力の風を吸い込み、デーモンの潮流を塞き止めている。マレキスの呪文が渦に放たれた。その時カレドールが時間の霧を超えて現れ、その巨大な力を逸らし、弾き返した!魔力の反動によってシャドウランドは津波に襲われ、荒廃した。

モラシー「お前は生き、お前は死に、 お前は生き、お前は死ぬ。 なかなか楽しませてくれるものだ、奴隷よ。 」

マレキス「二つの尾を持つ竜が空を飛翔し、お前は些細なゲームの中で気儘に振舞っている。」

フェリシオン「あなたが私をお呼びになったのでしょう、陛下。この魔女をここにお連れになったのもあなたですか?」

マレキス「我が母は伝説と予言について熟知している。 」

モラシー「この女はお前を裏切るぞ、我が息子よ。」

マレキス「分かり切ったことよ。 彼女は私に借りがあり、我が手に魂を握られているのです。 行け、フェリシオン・ハートキーパーよ。 彗星は渦を弱めるだろう。その間に予言を成し遂げることができよう。」

フェリシオン「ウルサーンの心臓を喰らい尽くすと? 」

モラシー「我が息子は力を得るだろう。そして復讐を果たす! 」

マレキス「託宣者を探せ。何をすべきかは彼女が知っている。」

フェリシオン「微力を尽くしましょう、王よ…我が魂の解放と引き換えに。」

戦闘

ユニット一覧(今後追加予定)

ダークエルフは構成の幅が非常に広く、統御度の高いユニットが豊富です。量より質を重視しているため、全体的にコストが高めになる傾向があります。

ダークエルフの魔法:死体系、影体系、炎体系、暗黒魔法体系の魔法を使用できます。

殺戮の奥儀:戦闘で一定数の敵を倒すと自動的に発動するアビリティです。ダークエルフの全てのユニットが発動できます。90秒間ユニットのステータスが大幅に上がります。

キャンペーン

ダークエルフは、非ホードの種族で、入植地を占領して地方を支配しています。

レジェンドロードの選択
ダークエルフは、キャンペーンを開始する際に以下のレジェンダリーロードの中から選ぶことができます。キャンペーン中のボーナスについては、レジェンダリーロードのページを参照してください。

マレキス
モラシー
“老いたる女” ヘレブロン (DLC)
ロキーア フェルハート (FLC)
マルス ダークブレード (DLC)

勢力
ナガロンド
悦楽の教団
ハル・ガネス
ブレスド・ドレッド
ハグ・グレーフ

大渦動の儀式:「《大渦動》の目」では、ダークエルフは儀式を使用して大渦動を支配するために競い合います。ハグ・グレーフ勢力は独自のキャンペーンを行います。

奴隷:ダークエルフは戦争捕虜を奴隷として、敵を恐れさせると同時に彼らの経済を回転させる力としています。奴隷たちは多くがナガロスの鉱山に送られます ― 待ち受けているのは強制労働の末の悲惨な死です。
・ダークエルフは戦争捕虜を奴隷としてナガロスの鉱山に送り、強制労働させています。ダークエルフ勢力は戦闘によって、また襲撃によって奴隷を捕獲することができます。捕らえた奴隷は勢力が領有する拠点に分配されます。
・ダークエルフ勢力をプレイしている場合、キャンペーンのインターフェイスの奴隷ボタンをクリックすることで全ての州の奴隷の概要を参照することができます。
・州内の奴隷の存在は税収を増加させますが、社会秩序を低下させます。
・ダークエルフ勢力でプレイしている場合、州内の奴隷の数は州の情報パネルからも参照可能です。このパネルの奴隷ボタンをクリックすると、州が受領する奴隷の配分を調整することができます。
・奴隷は常に過酷な環境に置かれているため、州内の奴隷の数は自然に減少します。

ブラックアーク:ブラックアークはマスランへの生贄の秘儀の実行、またはロキーア・フェルハートでプレイしている場合は主要な港の占領によって任命することができます。任命可能な場合、港が存在する自勢力の拠点を含む州の概要パネルを開き、ブラックアークの任命ボタンをクリックすると任命を行うことができます。ブラックアークは港が存在する敵の拠点を直接攻撃することができます。また港を封鎖し、港が存在する拠点を包囲している地上の軍勢の援軍として使用することも可能です。

力の名:ロードが10レベルになると習得可能なスキルです。イベントが発生するとランダムなスキルを習得できます。

忠誠心:勢力の指導者に従おうとするロードの意志を表します。忠誠度が低いと勢力に反旗を翻す可能性が高くなります。

儀式:ダークエルフは4つの異なる儀式を使用することができます。儀式の内容は各勢力ページを参照してください。

建物
ダークエルフの建物(今後追加予定)

技術情報
ダークエルフの技術(今後追加予定)

インベントリ
ダークエルフのアイテム紹介(今後追加予定)
ダークエルフのフォロワー(今後追加予定)
ダークエルフのバナー(今後追加予定)

態勢(ダークエルフで使用可能な態勢)
なし
強行軍
待ち伏せ
襲撃
魔力の導流

戦闘後の選択肢
ダークエルフの勢力は、拠点を占領した場合、これらの選択が可能です。
占領
略奪と占領
破壊
殲滅

気候の好み
好適:凍土、混沌の廃土、温帯の島
不快:山岳、温帯、サバンナ、ジャングル
不適:魔法の森、荒野、海洋、砂漠

戦略

ダークエルフは玄人向けの勢力です。とにかくやれることが多く、構成の幅が非常に広いのが特徴です。逆に言うとやれることが多いので、理解するのに時間がかかり、慣れるまで難しく感じてしまうのが欠点です。

キャンペーンでは、なるべく序盤にブラックアークを造り、内部に建造物を建てていくことが重要です。動く拠点として機能するため、ブラックアークの支援はダークエルフにとって非常に重要な要素です。

また、ロードが10レベルになると、「力の名」を習得できます。ユニークなスキルをランダムで習得することができ、専用の特殊部隊を組めるようになります。習得できるスキルの中にはレジェンダリーロードに匹敵する強力なスキルが存在します。

序盤はダークシャードが主力ユニットになります。ドレッドスピアで戦列を維持し、側面及び後方から防具値の高いユニットを優先して狙いましょう。ダークシャードの射撃攻撃のほとんどが徹甲投射ダメージのため、安定したダメージを出せます。

中盤以降は、ヒドラやブラックガード・オブ・ナガロンドといった上級ユニットを募兵していきましょう。この頃になるとブラックアークから上級ユニットを募兵できるようになっているはずです。部隊の進軍に合わせてブラックアークを動かし、自軍を支援しながら攻略していきましょう。

DLC

ダークエルフの追加コンテンツがある有料DLCは以下の通りです。

The Queen and the Crone(”老いたる女” ヘレブロンをはじめとする様々なユニットを追加)。
The Shadow & the Blade(マルス ダークブレードをはじめとする様々なユニットを追加)。

動画