ウォリアー・オブ・ケイオス

概容

ウォリアー・オブ・ケイオスはTotal War: Warhammerで登場した種族です。
キャンペーン、マルチプレイヤー、カスタムバトルでプレイ可能です。

3人のレジェンダリーロードが登場し、1つの勢力が登場します。

混沌の戦士たちは遥か北から来た野蛮な混沌崇拝者である。彼らは世界に破滅と破壊をもたらすことを目的とした集団である。混沌の力によって堕落して変異した彼らは人間以下の何かになっている…そしてそれ以上の何かにもなっている。混沌の戦士たちは主に、ドラゴンオーガのシャグゴスや両頭のケイオスドラゴンのような巨大な変異したモンスターと一緒に、重装甲の混沌戦士を含む近接歩兵で構成されています。

プレイ方法

ウォリアー・オブ・ケイオスの特徴

部族の復興:奪取した拠点をノルスカの部族に与え、従属化させることができる。

混沌による腐敗:破滅の力をひそかに敵の領域に拡散し、社会秩序の低下と、混沌の奴隷による叛乱を引き起こす。

ユニット: 装甲した歩兵や騎兵及びチャリオット、多くの強力な巨獣。

ホード:拠点を占領することができません。内部に建造物を築造可能なホードとしてキャンペーン上を移動します。

破壊者:2つ以上の軍勢が同じ州に集まった場合、マローダ同士の争いが発生し軍勢間に死傷者が発生します。マローダユニットが州内の軍勢に存在しない場合、破壊者の効果は発生しません。

背景

オールドワールドの北にはノルスカ島があり、その先には混沌の領域の影に隠れている混沌の廃棄物がある。この地に住むものは混沌の神々の奴隷である。北の部族は野蛮で残忍である。氷に覆われたフィヨルドや徘徊する怪物に満ちた過酷な土地だからだ。ここでは作物が育たないので 生き残るためには南へ急襲しなければならない。彼らは必要に迫られて南下するのではなく、栄光と混沌の神々に認められるチャンスのためにこれを行う。成功した者にはあらゆる方法で突然変異が与えられる。しかし変異に耐えられなかったものはケイオススポーンになってしまう。

そうして、混沌の軍勢は南に進軍し、混沌の略奪者(マローダ)、およびカオスの戦士からなる選ばれた戦士であり、すべてを包み込む鎧の魔術のスーツを与えられている。混沌の軍勢には、ヘルキャノンからドラゴンオーガやケイオススポーンまで、心を恐怖に陥れるクリーチャーの塊も同行している。これらの大群は、長船で氷の海を横断するレイダー、都市全体を破壊する大規模な軍隊、国全体が恐怖に震え、終末の時が来たと確信している大規模な侵略などがある。”永遠に選ばれし者”アーケオンは無数の召使いを集め、主の囁きの命令で全ての者に破滅をもたらす準備ができている。

戦闘

ユニット一覧(今後追加予定)

軽装甲から重装甲のエリート歩兵まで優秀な歩兵ユニットが登場。ドラゴンオーガやケイオススポーンを支援し、敵を蹂躙する戦いが可能。

魔法:死体系、影体系、炎体系、金属体系を使用可能

キャンペーン

キャンペーン
ウォリアー・オブ・ケイオスは、ホード勢力で、ロードにホード建築物を建て、キャンペーン上を移動します。

レジェンドロードの選択
ウォリアー・オブ・ケイオスは、キャンペーンを開始する際に以下のレジェンダリーロードの中から選ぶことができます。
キャンペーン中のボーナスについては、レジェンダリーロードのページを参照してください。

”永遠に選ばれたる者” アーケイオン
コレック サンイーター
“憐憫なる” シグヴァルド王子

勢力
ウォリアー・オブ・ケイオス:”永遠に選ばれたる者” アーケイオン、コレック サンイーター、”憐憫なる” シグヴァルド王子が率いる

混沌による腐敗:混沌の信奉者は殲滅や襲撃によって混沌による腐敗を広めることができます。拠点を殲滅することで混沌のアーティファクトを設置することで、急速に混沌による腐敗を広げることが可能です。

外交:ウォリアー・オブ・ケイオスはほとんどの種族と外交を行うことができません。外交に大きなペナルティーが発生します。

部族の再興:ウォリアー・オブ・ケイオスはノルスカの土地で奪取した拠点を部族に引き渡し従属化させることができます。

建物
ウォリアー・オブ・ケイオスの建物(今後追加予定)

技術情報
ウォリアー・オブ・ケイオスの技術(今後追加予定)

インベントリ
ウォリアー・オブ・ケイオスのアイテム紹介(今後追加予定)
ウォリアー・オブ・ケイオスのフォロワー(今後追加予定)
ウォリアー・オブ・ケイオスのバナー(今後追加予定)

態勢(ウォリアー・オブ・ケイオスで使用可能な態勢)
なし
強行軍
襲撃
宿営
魔力の導流

戦闘後の選択肢
ウォリアー・オブ・ケイオス勢力は、拠点を制圧した場合、これらの選択が可能です。
部族の復興
略奪と殲滅

戦略

ウォリアー・オブ・ケイオスは序盤が非常に辛い勢力です。敵が非常に多く、強力なユニットが揃っていないため終盤に向けホードを育成することがメインとなります。

序盤はノルスカ勢力と戦闘を行い、従属化させていくことでエンパイア及びブレトニアと戦う準備を行います。ノルスカ勢力とは各勢力のリーダーを倒すことで、外交画面で従属化させることが可能になります。それに伴い、ロードのレベルアップや部族の復興を行い味方を増やしていきましょう。

中盤以降はチョーズンといった最上級歩兵ユニットを主力に、エンパイアとの戦いが始まります。エンパイアの歩兵ではチョーズンやケイオスウォリアーに勝つことは非常に難しいため、一方的に蹂躙することが可能となります。

ブレトニアはチョーズン(ハルバード)を大量に雇用して戦いましょう。ブレトニアの歩兵は全勢力最弱と評されるほど弱いため騎兵ユニットのみ対策して挑みましょう。

ウォリアー・オブ・ケイオスは、低難易度であれば初心者におすすめできる種族です。外交や内政面で覚えることが少なく、歩兵が非常に強力で戦闘に勝利しやすい特徴があります。拠点を保有する必要がなく、自由に動くことができるのもおすすめのポイントです。

高難易度のウォリアー・オブ・ケイオスは現状、物量で圧倒され、廃墟となった拠点に敵がすぐに入植する、エンパイアが合併で急激に領地を広げるといった面で、とにかく時間がかかる上に、ホードを失った時のリスクが非常に高く、勢力の崩壊に繋がりやすいためメンタル面や最後まで油断せず挑める方のみ挑戦してみるとよいでしょう。

DLC

ウォリアー・オブ・ケイオスの追加コンテンツがある有料DLCは以下の通りです。

Chaos Warriors(ウォリアー・オブ・ケイオス種族を使用可能にする)

動画