概容

スケイヴンはTotal War: Warhammer Ⅱで登場した種族です。

キャンペーン、マルチプレイヤー、カスタムバトルでプレイ可能です。

5人のレジェンダリーロードが登場し、5つの勢力に分かれています。

プレイ方法

スケイヴンの特徴

スケイヴンの地下帝国:あらゆる拠点の地下に巣穴を掘ってあなた自身の帝国を拡大するか、あるいは敵を襲う陰謀を画策することができる。

食料:スケイヴンは常に食料が供給されていなければならなず、欠乏して飢餓を招くとペナルティを受ける。

:スケイヴンによる腐敗が高い地域では戦闘で地下の尖兵のアビリティを追加仕様できるが、スケイヴン自身の社会秩序も低下する。

背景

世界の奥底で彼らは囀り、陰謀を企てる。目を離すことなく、 静かに機会を待ちながら。 彼らが現れた時、悪夢が現実となる。 スケイヴン ― 汚らわしく貪欲な人ネズミの群れ。 彼らは世界の根に噛り付き、爛れた傷痕を残す。 そして崩壊した残骸を支配するのだ。彼らの神、偉大なるホーンドラットの意志によって。 無傷のまま残された領域は、今やハイエルフの本拠たる島しかない… その島の中央では、あの〈大渦動〉が旋回している。 世界から混沌を吸い込む巨大な渦。 スケイヴンたちは小さな赤い眼を輝かせ、渦の中の膨大な力を切望する。 前兆を示す双尾の彗星が現れて魔力の風を掻き乱すと、地下帝国の秘密のホールでは十三人評議会が招集された。 今こそ計画を実行する時であると。

スクロルク「わしは柱の都のドワーフどもを殺す! 」

クイーク「ダメ、ダメだ!モーズ氏族は南へ行くぞ。ワープストーンを集めにな。」

スクロルク「モーズの連中など雑魚に過ぎん!ペスティレンズはラストリアを荒らし回ってやる!」

ヴァルスクリーク「良し、良し。だが全てのワープストーンは評議会のためにある。 書記官、我が下僕よ!お前に仕事をやるぞ。彗星はエルフどもを弱めるだろう。評議会は大渦の力を欲している。」

書記官「預言によって必要とされておりますからな。」

ヴァルスクリーク「その通りだ。お前は黒い柱に刻まれた印を読んでいたな。 ならば我らが“喚き立てる者”を探し、求めねばならんことを知っているはずだ。大渦を支配する手段を見つけろ!」

書記官「然り、然り。我が主よ。ですが、ですが、あの悪魔を召喚するなら、大量のワープストーンを捧げねばなりません、なりませんぞ。」

ヴァルスクリーク「お前の氏族に戻れ。ワープストーンを採集させろ。」

書記官「畏まりました。あまりも性急なる我が主よ。」

ヴァルスクリーク「お前のような無礼者は、いずれその生皮を剥いでやる! 」

書記官「御意のままに、閣下。」

戦闘

スケイヴンのユニットは人数が多く、統御度の低いユニットが多いです。ゲーム内で人数が最多の種族であり、「ユニットサイズ:ウルトラ」では180人のユニットが存在します。そのためPCのスペックによってはとても重たくなります。

スケイヴンの近接歩兵ユニットは統御度が低く、すぐに指揮敗走します。戦列の維持はストームヴァーミンでないと厳しいでしょう。ラットオーガやプレイグクロー・カタパルトといったユニットが主力となり、近接歩兵以外のユニットを使用して戦いを行うことが重要です。

スケイヴンはDLCの追加で強さが大幅に変わる種族です。ラットリングガンやポイズンウィンドモーターズなどの高火力投射ユニットを使用可能にすると戦闘の難易度が大幅に下がります。

スケイヴンは騎兵が存在しません。その代わり全体的に移動速度が速く、素早い動きを得意としています。

地下の尖兵:地下の尖兵はスケイヴン種族のみ使用できる軍勢アビリティであり、戦闘中にクランラットのユニットを任意の地点に召喚します。ほとんどの戦場で、戦闘パネルから食料を消費して地下の尖兵の使用回数を増やすことができます。スケイヴンによる腐敗が高い州では、敵の地点を包囲しているスケイヴンの軍勢は、食料の消費なしで地下の尖兵を使用することができます。

スケイヴンの魔法:「スケイヴンの廃滅呪文」、「スケイヴンの悪疫呪文」、「スケイヴンの隠法呪文」を使用できます

キャンペーン

スケイヴンは、非ホードの種族で、入植地を占領して地方を支配しています。

レジェンドロードの選択
スケイヴンは、キャンペーンを開始する際に以下のレジェンダリーロードの中から選ぶことができます。キャンペーン中のボーナスについては、レジェンダリーロードのページを参照してください。

クイーク ヘッドテイカー
ロード スクロルク
トリッチ クレイヴンテイル (FLC)
イキット クロー (DLC)
デスマスター スニクッチ (DLC)

勢力
モーズ氏族クイーク ヘッドテイカーが率いる
ペスティレンズ氏族ロード スクロルクが率いる
リクタス氏族トリッチ クレイヴンテイルが率いる
スクライア氏族イキット クロー が率いる
エシン氏族デスマスター スニクッチが率いる
モウルダー氏族“不浄なる” スロットが率いる

大渦動の儀式:「《大渦動》の目」では、スケイヴンは儀式を使用して大渦動を支配するために競い合います。エシン氏族勢力は独自のキャンペーンを行います。

スケイヴンの地下帝国:スケイヴンはあらゆる拠点や廃墟の地下に潜むことが可能であり、地域の占領あるいは地下都市の建設によって彼らの帝国を伸張させます。他の種族が彼らの存在を長期間発見できなければ、悪意ある策謀によって害獣の群れを地上に放って土地を腐敗させるか、または前触れなく拠点を攻撃することがあります。ススケイヴンによる腐敗スケイヴンが居住すると周囲に]腐敗を広め、社会秩序が低下します。ただしスケイヴンによる腐敗が高い州では戦闘で地下の尖兵の軍勢アビリティを追加使用することができます。

食料:スケイヴン勢力は食糧の備蓄を必要とし、軍勢はターン毎に食糧を消費します。食糧は戦闘の勝利や拠点の破壊、そして特定の建設物などから得られます。

スケイヴンによる腐敗:スケイヴンによる腐敗は現地の社会秩序を低下させますが、戦闘において”地下の尖兵”のアビリティの使用回数を増やします。

忠誠度:キャンペーンモードでスケイヴンのロードがあなたに反旗を翻すかどうかに影響します。忠誠度は勝利、クエスト完了、ユニットの増員などによって増加します。

悪疫:悪質な陰謀によって、スケイヴンは彼らの敵の間に悪性の疫病を蔓延させることができます。軍勢と拠点の両方がこの悪疫の犠牲となり、感染が始まれば多くの死者が発生します。

儀式:スケイヴンは4つの異なる儀式を使用することができます。儀式の内容は各勢力ページを参照してください。

建物
スケイヴンの建物(今後追加予定)

技術情報
スケイヴンの技術(今後追加予定)

インベントリ
スケイヴンのアイテム紹介(今後追加予定)
スケイヴンのフォロワー(今後追加予定)
スケイヴンのバナー(今後追加予定)

態勢(スケイヴンで使用可能な態勢)
忍び寄り
強行軍
待ち伏せ
襲撃
宿営
地下道の通行

戦闘後の選択肢
スケイヴンの勢力は、拠点を占領した場合、これらの選択が可能です。
略奪と占領
破壊
殲滅
地下帝国の拡大

スケイヴンの気候の好み
好適:荒野、山岳、温帯、サバンナ、砂漠、ジャングル、
不快:凍土、混沌の廃土
不適:魔法の森、海洋、温帯の島

戦略

スケイヴンは射撃ユニットが強力な勢力です。歩兵戦で勝つのは難しく、物量で前線を支えている間に射撃攻撃を行いダメージを与えることで勝利に導くことができます。

忍び寄りのスタンスは、攻撃対象の軍勢を確率で待ち伏せして攻撃することができます。待ち伏せ成功率を上げることで、自分たちに有利な状況で戦いを始めやすくなります。

食料の確保は非常に重要です。スケイヴンは都市を占領する際に食料を消費して拠点レベルを上げて占領できます。食料が十分に足りれば、拠点レベルを5にして占領できますが、不足している場合は拠点レベル1の状態で占領することになります。

DLCの導入で難易度が大きく変わる勢力で、DLCがない場合はヴォルテックスキャンペーンでは最も難易度の高い種族となります。

DLC

スケイヴンの追加コンテンツがある有料DLCは以下の通りです。

The Prophet & the Warlock(イキット クローをはじめとする様々なユニットを追加)。
The Shadow & the Blade(デスマスター スニクッチをはじめとする様々なユニットを追加)。
The Twisted & The Twilight(”不浄なる” スロットをはじめとする様々なユニットを追加)。

動画