Ursun Revivalists

勢力リーダー

Boris Ursus

勢力の効果

  • Diplomatic relations: +30 with the faction of The Ice Court
  • Construction cost: -50% for Garrison and Religion buildings
  • Construction time: -1 for Province Capital/Settlement buildings
  • Recruit rank: +2 for War Bear Riders units

管理人訳

  • 外交関係: +30 The Ice Court
  • 築造費: -50% Garrison 及び Religionの建造物
  • 築造期間: -1 州都/入植地の拠点
  • 募兵時のランク: +2 War Bear Riders

開始時の追加ユニット

追加予定

勢力の評価

キャンペーン

The Great Orthodoxyよりは簡単だが、それでも難易度はかなり高い。周囲に敵が多く、味方となる勢力は、ほとんどおらず攻略先の領土がかなり広いので、移動に時間がかかる。

中盤以降になると、北からデーモン勢力が頻繁に攻めてくる。混沌の領域に入れば、かならず接敵するので避けることはできない。さらにオーガも加わって常に戦闘が続くようになる。もはや軍を維持することすら困難だろう。

クリアを目指すのであれば、最初の裂け目が出現する30ターン以内に、可能な限り領地を広げよう。ドワーフとキスレフが主な外交先になるため、彼らとの隣接を目指して、序盤から急激に領地を拡張しよう。開始地点は放棄してもよいので、ひたすら移動して領地を拡張。余裕があればドワーフと同盟を結び、拠点を売りつけて管理する拠点を減らし、勢力を支援してあげよう。

序盤の攻略先は、背後のスケイヴン勢力か、下方向のグリーンスキンとなる。背後にはキスレフ勢力がいるため、味方を確保しやすい。下方向であれば、開始時に敵対しているグリーンスキンを滅ぼすことが目的となる。手動戦闘が必須だが、被害を抑えながら進めば30もかからず勢力を滅亡させることはできる。難易度は高いが、終盤はかなり楽になるので、やり直し前提なら挑戦してみるのもよいだろう。

また、高確率でオーガ勢力と敵対することになる。グリーンスキンを倒す、ドワーフと外交すると、なぜか外交関係が悪化するからだ。定期的に少ない金銭を渡せば、宣戦布告を遅延させることはできるが、敵対することは避けられない。